水道管が引き込まれていない土地を売る時に知っておきたいこと

所有する土地を売ることを考えている場合では、その土地の状態を十分に把握することが必要です。宅地や住宅地、商業用地などがあり、農業用や林業、工業用など様々な種別があります。一般的には住宅を建てることのできる土地がメインとして売買されていることが多いものですが、実際には資材置き場として用いる土地や、事業などを行っている方が、機械類を置くためのスペースとして購入する場面も見られます。

一方で土地を売る際には、水道管にも注目することが必要です。宅地造成されている場合では、水道局によって水道管が既に引き込まれている場合が殆どですが、何も使っていなかった古い土地で、近隣に住宅などが無いような場所では、場合によっては水道管が引き込まれていない場合もあります。

このような土地を売る場合では、事前に把握することが必要な内容があります。例えば道路に面している場合で、水道局によって地中に水道管の本管が埋設されている場所の場合では、問題なく後から引きこむことが可能なケースが多々あります。

しかし、中には埋設管が無い状態の場所などもあり、このケースでは水道局と話し合いを行う必要が出てきます。宅地として利用できない場合では、条件によっては水の引き込みが困難になってしまうケースもあり、事前に必ず確認することが必要です。ところが通常ではどのような土地であっても売ることに関しては問題が生じないことも一般的です。たとえ水道管が無い場所であっても、使用目的によってはそもそも水道を必要としない方が存在しているためです。

不動産会社などを通じて仲介を行ってもらう方法も一般的ですが、水道管が引き込まれていない場合では、同じ面積で同じ条件に近い物件と比較をした場合では、査定額がマイナスになってしまうこともありますが、この点については仕方のないものと判断することができます。この条件であっても対応している不動産会社は存在しているので、まずは相談を行ってみることが先決です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>