売却しにくい土地と売却しやすい土地の違いを調べてみた

“土地を売却する時には、その土地により、売却しやすい所と、そうでない土地があります。それには広さや、形状、場所、向き、用途地域など、いろいろな条件があります。

その場所に、一戸建てが建築される時もあります。また、マンションやオフィスビルが建てられる場合もあります。一般的な一戸建ての場合になりますと、その土地が正方形とか長方形などが多くの人に求められやすいものです。四角形になっていると、その広さを有効に使うことができるからです。また、土地の向きというのも大きな要素になります。南に道路があるような所が好まれます。南側が道路に面していることで、陽射しや、風通しが良いことで、求める人が、探す時の条件にあげる場合が多いです。

そして、その中においても、特に人気が高いものは角地にあるところで、長い時間、陽射しを望めるからです。また、広さもあまり広いと、それは土地の価格が高くなりすぎることもあり、また、狭すぎる場合には建築しにくくなり、希望の居住面積が確保できなくなることもありますから、ある程度の広さのものが売却する際には良いです。

それに対して、売却しにくい土地となりますと、売却しやすいというものの反対の感じになります。四角形でなく、向きも南側にはなく、広さも求める程度のものでないということになります。

しかし、そのような場合にもメリットはあります。例えば形状がL字型の場合には狭いところを通路や駐車スペースとして使用し、外部からのプライバシーが保てるということがあります。それが三角の場合には庭や駐車場の確保がしやすくなります。そして、北側に道路があるような北向きの場合には夏場には陽が当たりにくいため快適に過ごせるということもあります。土地が狭すぎるという時には階層を2階から3階にすることで居住空間を確保できます。その反対の広すぎる場合には分割をして売却をすることもできます。その場所にあった有効な使い方を想定した売却をすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>