住んでいる状態の家を売却することはできるのか?

“現在住んでいるお家の買い替えを検討する場合、現状で売ることが出来るのか心配になる人もおられるでしょう。

大抵の人は住宅購入をする場合、銀行借り入れで購入しているケースが多く、住み替えのタイミングは、家族が増えたことにより、現在より広いお家が必要となることや、マンションから一戸建てなどへの土地付き不動産への住み替え、逆に広いことで負担が大きくなった場合、現在よりも小さいお家に住み替えるケースなど様々でしょう。

ローンの残債がある場合、そのローンがゼロになり新たに購入する不動産の購入費用に引き当てたり、新たなローンを組むことが可能かという不安が付きます。
また、現在生活していることで、買い手が付きにくいということも不安要素としてあるでしょう。
中古となると価格の下落も不安となります。

不動産の売却は、宅地や建物に関する宅地建物取引主任者の資格を持った不動産業者の仲介が必要となるでしょう。
不動産の売却で業者が得る収入は、売買手数料です。
この売買手数料は、売る側と買う側の双方から3%回収するもので、販売価格合が高ければ高いほど、不動産仲介手数料も同様に高くなります。
販売実績の高い業者は、高く売ることが可能でしょう。

ただ、そうなると手数料収入も高くなるため、手数料のことに注視してばかりいれば、結果として安く売却しなければいけないこともあるでしょう。
現在住んでいる家でも不動産業者の営業方法次第で高くるれることはあります。
いくら、きれいにしてあるお家でも生活臭や汚れなどが必ずあるため、新たに購入する場合リフォームを行なうでしょう。

キッチンやトイレ、給湯設備などの住設を入れ換え、クロス等の消耗品交換、床などのキズの補修を行なえば、おおよそきれいになります。
ただ、仲介だけを行なう業者ではなく、ローンの組み替えやリフォームと総合的に売却までの段取りを行なう不動産業者に依頼し、高く売れるように話し合いをしておくべきでしょう。
手数料が安い業者が競争の如く、顧客を確保する市場主義となっていますが、手数料収入でビジネスを展開する不動産業が薄利多売化して非常に質が悪くなっているのも現実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>