中古マンション売却の契約の際に売主が用意しておくものとは

中古マンションの売却においては、部屋単体で行う場合と、例えば、建物全体となる1棟での場合があり、多くは不動産業者を仲介として行なわれることになります。中古マンションでの売却を行う場合には、契約をするにあたっては事前に用意をするものがあり、内容に関してはポイントも含めて十分に理解をしておくことが必要となります。

中古マンションの売却では売買契約書の取交しを行なうことになりますが、まず、権利証か登記識別情報が必要になります。これらの書類は、引渡当日に相手方や不動産会社に提示する必要があり、重要な書類となります。権利証は、通常、戸建住宅の場合などでは土地、建物、それぞれに1通ずつ存在しますが、マンション等の場合では1通の場合が多く、ここでは専用部分、共有部分、敷地利用権が一体となって登記が行われており、もし、2通ある場合には敷地権が設定されておらず、この場合に土地と建物それぞれに登記がなされていることになります。
5kaida
次に印鑑と印鑑証明書があります。契約のみの場合には認印に押印することによって成立することになりますが、売却時における登記申請の場合には売り主側の登記申請書類に実印を使用することになり、事前に準備をしておくことが必要となります。また、申請時には印鑑証明書も必要になりますが、この場合、使用するものは3カ月以内に発行された証明書に限られており、注意が必要です。

契約時には、他に、引渡時に固定資産税や都市計画税の清算に使用する固定資産税等納税通知書や、仲介手数料、収入印紙、本人確認のための運転免許証が必要になります。仲介手数料に関しては、それぞれの不動産会社との取決めに沿って支払えばよく、例えば、契約時に一部の支払い等となっていた場合などでは、現金や振込に関しても準備をしておく必要があります。
中古マンションの引渡に関しては、契約時に準備をした全ての書類と、他に、その場で入金などがある場合には、買主に交付する領収書用の印紙が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>