親から相続した田舎の土地・家は売るのが最良の選択肢?

inakaa
まず初めに、親からの相続した一戸建ての土地を売るかどうかは個人の自由です。
世間では、親から相続したものは形見なのだから残しておくべきただという、人としての考え方が強いです。
しかし実際には、売る人も少なくはありません。
それだけ、一戸建ての土地の管理にはお金がかかるということなのです。

親の形見だからと大切に管理するのも一つの考えではありますが、その結果自分の家計が火の車になってはどうしようもありません。
立地条件や周囲への交通のアクセスなど考えた上で、その土地に借り手がつくのかどうかや、今後の管理費などを考えた上で、自身の収支にどれだけ影響してくるのかを考えます。
しかし、現状として物件探しの際に築年数を重視する人・内装を重視する人・立地条件を重視する人と様々います。

一戸建てでそれだけの条件を揃えるとなれば、それは今までの先祖でかなりの金持ちがいたくらいしか考えられません。
もちろん、たまたま都市開発が進んで物価が高くなることもあるでしょうが、都市開発の際はだいたいが土地ごと売るようにあらかじめ言われますから。
それだけ一戸建ての条件がすべてベストになることはほとんどありません。

また、それだけの立地条件が揃っているとなれば、貸し屋にした時の物価が高くなり、借り手も限られてきます。
もし、もうすぐ引越しを検討していて、相続した土地に住みたいと思う方でも、その後に発生する固定資産税や管理費などを計算した上で、自身の収支と検討するべきです。
もし収支から多少はみ出してでも、その土地はどうしても残しておきたいということであれば、不動産や相続した土地の役所に一度相談するのがいいでしょう。
今後かかってくる必要な金額をすべて教えてくれます。

例えば、新築住宅に対して税金の軽減措置が取られる場合もあります。
結論としては、どうしても形見だから売ることはできない、しっかり収支リスクを検討したい、自分は住まないから売りたいといういかなる人でも、一度不動産や役所・専用の窓口などに相談するのが一番いいでしょう。
売ることしか考えていなくても、実際に税金などを考えてみると思わぬ収益が生まれる可能性がありますから。

家を高く売るノウハウ集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>